管楽器 修理ならおまかせください管楽器修理工房

木管楽器よくあるご質問

ヘッドコルク・ジョイントコルク交換の意味

ヘッドコルクの場合
頭部間の先端に入っているコルクです。消耗品なので定期的に交換が必要です。
普段は見えませんが、息のコントロールをしている部分です。
なので隙間があると息が漏れるのはもちろん、コルクの位置が動いて変わったりすると吹きにくくなります。
先端のクラウン部分が回り続ける状態になってしまったら交換をすぐにしてもらいましょう。
 
ジョイントコルク、ネックコルクの場合
ゆるい状態だと抜けやすく、息が漏れ、音がしっかりなってくれませんし、落下事故の原因になります。
理想はグリス等を塗って少し固めに感じる程度です。少しでもゆるく感じられたら交換しましょう。


お問い合わせ
このページの上部へ